酒好き最強の称号?酒サムライとは | 共通記事 | コラム | スマート飲み会はなたば

スマート飲み会 はなたば

酒好き最強の称号?酒サムライとは

2022.04.29

お酒ブランド

現在、全国に1500以上の酒蔵があると言われています。
酒蔵独自の作り方により、様々な味の日本酒が誕生しています。
日本酒の普及に努める団体があるのをご存じでしょうか?
今回は、日本酒を愛する人たちに与えられる「酒サムライ」について紹介します。

日本酒を愛する酒サムライ

2005年に日本酒造青年協議会により、日本酒と日本の文化の素晴らしさを伝えていく「酒サムライ」が結成されました。
近年、日本の伝統的な食文化は、社会的な環境変化により失われつつあります。
日本酒文化を日本国内はもちろん、世界に発信することで日本酒の良さを認知してもらう目的があります。
歴史ある知恵と高い技術によって作られた日本酒。
そのような日本酒を、日本人の生活に再び浸透させたい!という強い気持ちがあります。
強い意志と情熱をもった人々をサムライと呼び、日本酒の素晴らしさを伝える活動をする人こそ、「酒サムライ」の称号を手に入れることができます。

毎年、酒サムライが誕生している

日本酒造青年協議会は、日本酒文化の普及や発信に尽力する活動をしている人に「酒サムライ」の称号を与えています。
日本酒を愛し、日本酒の素晴らしさを国内外に広め、酒サムライの推薦により本部が承認した人が新たな酒サムライに選ばれます
毎年、お酒の神様と言われる京都の松尾大社で叙任式が行われています。
2022年の現在までに、93人の様々な分野から酒サムライが選出されました。
酒サムライに選ばれるのは日本人だけではなく、海外で日本酒の普及に努めている外国人の方たちも多くいます。

IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)にも関わる

IWCは1984年に設立された世界で最も権威があるワインコンペティションです。
2007年にはSAKE部門が創立され、日本酒造青年協議会が出品酒の取りまとめや審査に関わっています。
IWCで上位に入賞した日本酒は世界的に認知され、その影響力は絶大です。
IWCに入賞することで、自らの日本酒を世界に広めることができます。

日本酒の可能性を求めて

海外での和食や日本酒の普及が年々高まっており、日本酒文化は世界から認められていると言えます。
先進国では数百銘柄の様々な日本酒が流通しており、その輸出量の成長率は上がり続けています。
しかし、日本酒と接点がない地域はまだまだ存在し、日本酒の認知を広げるためにさらなる活動が必要になります。
海外の日本酒ファンを増やすしつつ、現地の食と日本酒の相性を探ることでその可能性は広がるでしょう。
世界で活躍する酒サムライの力によって、さらなる日本酒の普及が期待できます。
日本国内では、外国人向けに酒蔵ツーリズムを積極的に開催しています。
外国人に日本の酒蔵を体験してもらい、日本酒に興味を持ってもらう目的があります。
酒蔵ツーリズムは全国各地の酒蔵を観光資源とし、地域活性化にも繋がっています。

ギャラ飲み女子と日本酒で盛り上がろう!

好きな時や好きな場所で女の子とお酒が飲めるギャラ飲みを利用しませんか?
ギャラ飲みをするならスマート飲み会「はなたば」がオススメです。
スマート飲み会「はなたば」は、他のギャラ飲みアプリよりもリーズナブルな料金でギャラ飲みを利用できます。
登録は「はなたば」の公式ラインを友だち登録するだけで、最短3分で利用可能です。
キャストは、運営事務局による厳正な面談審査を通過したカワイイ女性ばかり。
「はなたば」を利用して、リーズナブルにギャラ飲みを楽しみましょう!