DV男はなぜDVをするのか? | 共通記事 | コラム | スマート飲み会はなたば

スマート飲み会 はなたば

DV男はなぜDVをするのか?

2022.03.29

DVとは「domestic violence(ドメスティックバイオレンス)の略。
恋人や結婚相手であるパートナーに暴力行為をふるうことです。
現在、DV被害に悩まされている女性は多く、深刻な社会問題となっています。
DV防止法という法律もあり、DV被害をなくそうと国も取り組んでいます。
今回は、DV男はなぜDVをするのか?について紹介します。

なぜDVをするのか?DV男の心理とは?

DV男の特徴は、一見、暴力を振るうようには見えない人に多いと言います。
外ではやさしそうで人当たりが良く見えますが、パートナーに対しては豹変して暴力をふるうケースが多いです。
DVには「自分が正しい→相手が間違っている→自分を怒らせた相手に暴力をふるう」というサイクルが生まれます。
では、なぜDV男は暴力をふるうのでしょうか?
DV男が暴力をふるう原因を紹介します。

幼少期の環境の影響

まず考えられるのは、大人になる前の幼少期の家庭環境による影響です。
幼少期に自分も両親に暴力を受けたことで、DVを身近に感じる環境で育ったことが原因の一つでもあります。
そのような環境で育つと「自分も両親のようにDVをしても良い」という考を持つようになります。
また、男尊女卑の思考を持っている父親のもとで育つと、自然にその影響を受けている場合も・・・。
家庭環境の他にも社会環境によって、DVに目覚めてしまうこともあります。
漫画やゲーム、メディアの影響を受けて、「暴力をしても良い」という思考に陥ることもあります。

相手を従順させたい

DV男は、思い通りにならないと暴力をふるって「相手を従順させたい」と考えます。
束縛や独占欲が強く、相手が自分のものにならないと気がすみません。
自分に反抗するパートナーには言葉ではうまく表現できないため、暴力をふるって従順しようします。
被害者である女性は相手が怒らないように、ビクビクしながら過ごすことになってしまいます。
プライドが高い男性の行き過ぎた果てが、DV男を生み出しているのでしょう。

愛情表現だと正当化している

DV男は「どうして自分の言うことを聞いてくれないんだ!」と、暴力や暴言を吐き、愛のあるお仕置きをしていると考えます。
自分を正当化して、相手の女性を教育していると思い込んでいます。
「彼女のためにしている、自分は悪くない」と暴力を正当化しています。
そのため、暴力をふるった後には、やさしくしたり、謝ったりするケースが多く見られます。
そのほかにも被害妄想が激しい原因があります。
他の男と連絡をとっているだけで浮気と思い込み、怒りに任せて暴力をふるいます。
何でもネガティブに考えてしまい、その不満を相手に暴力としてぶつけるのです。

DV男にハマってしまう女性とは?

DV男からは早急に距離を取ってしまうのが一番ですが、
しかし、世の中には女性に暴力を振るうDV男にハマってしまう女性が存在します。
なぜ彼女たちはDV男にハマってしまうのでしょうか?

殴られることで「愛」を感じる

DV被害者たちの話を聞いてみると、みなさん共通して「愛」について語ることがとても多いです。
「殴られるのは痛いけど、それは彼が私を愛している証拠。」
「私の事を想っているからこそ殴ってくれる。」
こんな感じの言葉を彼女たちの口から耳にしました。
彼女たちはDV男の暴力を「愛情表現」ととらえているわけですね。
「痛い…けど私愛されてる!」
痛みと同時に愛も感じてしまう。
DV被害者たちは「愛情」に飢えているひとが多い傾向があります。暴力という「愛情」に夢中になってしまうわけです。

脳が反復作業によって洗脳されている

パブロフの犬という、有名な心理学のお話はご存じでしょうか?
犬に餌を与える時にベルを鳴らしてから餌を与えるようにすると、
犬はベルの音を聴くだけで唾液が出て来るようになった、という条件反射を訓練付けるお話しです。
要するに
ベルの音=餌がもらえると犬は学習したわけです。
同様にDVをされている女性はDV男が不機嫌になっている。
不機嫌な男性=私が何か悪いことをした。という条件反射が出来上がっています。
そして、自分の悪かった事を反省し暴力を受け入れます。
DVにハマってしまう女性は、日々暴力を振るわれ、その後に「許し」などのご褒美を与えられることで、無意識に「暴力」をご褒美の前段階だと感じるようになります。
すると、暴力を振るわれても抵抗したり逃げたりせず、その後の「ご褒美」を黙って待つようになるのです。
これは、一種の洗脳です。DV男は基本的に支配欲が極めて強い傾向にあります。
相手を支配しよう、自分の思い通りにしよう、という感情が極めて強いのです。

DV被害に悩むなら・・・

もしあなたがDVの被害に悩んでいるなら、一人で悩まずにすぐに相談をしてください。
「もうちょっと我慢しよう・・・、この人は変わってくれるかも・・・」
そのように考えていると、暴力がどんどんエスカレートしていき、命に関わる危険性も出てきます。
現在、DV被害者の相談窓口は多く設けられています。
DVに少しでも悩んでいるなら、すぐに相談しましょう。

お小遣いを稼げて、素敵な出会いも見つかるギャラ飲み!

空いた時間にお小遣いが稼げるギャラ飲みを利用してみませんか?
ギャラ飲みサービスを展開する「はなたば」なら、安心安全にお金を稼ぐことができます。
・充実した運営サポートがあり、当日の面倒なお金のやり取りは一切なし。
・最低でも4200円が保証され、深夜手当もあり。
・顔出し不要で、見バレの心配もなし。
いつもの飲み会をギャラ飲みに変えて、お小遣いを稼いでみてはいかがでしょうか?