近年話題のコンカフェとは?普通のカフェと何が違う? | 共通記事 | コラム | スマート飲み会はなたば

スマート飲み会 はなたば

近年話題のコンカフェとは?普通のカフェと何が違う?

2021.12.04

 バーアフタヌーンティー接待服装

近年、急激な盛り上がりを見せている話題のコンカフェ。
コンカフェは、東京、大阪、名古屋などの多くの繁華街で急増しています。
話題のコンカフェとは、普通のカフェとはどう違うのでしょうか?
今回はコンカフェの種類やシステム、その実態に迫ります。

コンカフェとは?

コンカフェとは、コンセプトカフェを略した名称のこと。
今やメイド喫茶は全国区となり、過去には東京・秋葉原を中心にメイド喫茶ブームも起こりました。
そのメイド喫茶から派生したカフェがコンカフェです。
コンカフェではメイド喫茶と差別化を計り、特定のテーマで独自路線のコンセプトを展開しています。
現在ではメイド喫茶も含めて、ある特定のテーマを持ったお店のことをコンカフェと呼びます。

コンカフェのシステム

コンカフェの多くは飲食店営業としており、お酒や食事の提供をしています。
一部のコンカフェでは、昼はカフェ、夜はバーとして営業しているお店もあります。
バーカウンターのお店が多く、お店によってはソファーなどのボックス席もあります。
コンカフェの接客は、基本はキャストとのカウンター越しの接客です。
しかし、ガールズバーとは違い、マンツーマンでの接客はありません。
キャストは店内のお客さんを把握して、店内にいる全員のお客さんと均等におしゃべりをするシステムです。
料金は1時間3000円で飲み放題サービスをしているお店が多く、別料金でキャストとチェキを撮るサービスもあります。

コンカフェのジャンル

コンカフェには、特殊なコンセプトを持ったカフェがたくさんあります。
テーマに沿ったコスプレ系のカフェが一番多くあり、コスプレ系以外には動物カフェや文房具カフェなどもあります。
コスプレ系の特殊なコンセプトを持ったお店を紹介します。


・執事が迎えてくれる執事カフェ


・女性が男性の格好をした男装カフェ、男性が女性の格好をした女装カフェ


・水中をイメージして、セクシーな人魚の格好をしたマーメイドカフェ


・バニーガールとともにギャンブルを楽しむカジノカフェ


・CIAエージェントになりきって指令に挑戦するスパイカフェ


・戦国時代がコンセプトの和装メイドがいる戦国メイドカフェ


・渋谷ならではのギャルがたくさんいるギャルカフェ

コンカフェの実態

現在、コンカフェは東京都内に500店以上あると言われています。
その半分は聖地・秋葉原にあり、その他にも新宿や池袋などの繁華街に多くあります。
その勢いは全国の繁華街にも影響しており、続々と新規店がオープンしています。
客層は従来のオタクと呼ばれる人たちが多く、最近では地下アイドルオタク層が急増しています。
コンカフェで働くキャストは、会って話せるアイドルとして認識されています。
キャストの時給は1200~1500円ほどで、キャバクラやガールズバーに比べて安い傾向があります。
しかし、それでもコンカフェで働きたいと思う女性が殺到しているのが現状です。
コンカフェは増え続ける理由に、人件費と宣伝費を節約して営業ができる点があげられます。
宣伝はチラシ配りやSNSが集客ツールであり、キャストが自らSNSを通してお客さんを集めています。
また、SNSでキャストの投稿を見た女の子が、私も働きたいと応募してくることもあります。
女の子からすれば、キャバクラと比べて軽い感覚で働けるメリットもあります。
コンカフェは、いかに世界観を魅力的にするかが尚武になります。
これからもマニアックなコンテンツを持ったコンカフェが続々と登場するでしょう。

女の子が来てくれて一緒にお酒が飲めるギャラ飲み!

お店に足を運ばなくても、女の子とお酒が飲めるギャラ飲みがおススメ。
ギャラ飲みするならスマート飲み会「はなたば」がおススメです。
スマート飲み会「はなたば」は、他のギャラ飲みアプリよりもリーズナブルな料金でギャラ飲みを利用できます。
登録は簡単で、「はなたば」の公式ラインを友だち登録するだけで、最短3分で利用可能です。
キャストは、運営事務局による厳正な面談審査を通過したカワイイ女性ばかり。
「はなたば」を利用して、ギャラ飲み女子と素敵なひと時を過ごすのはいかがでしょうか?